「症状がでない/なくなった」=「治った」ではありません。

首の痛みであるむち打ちの患者様の場合、先生から完治の合図を言われる前に、痛みがひいたからと治療をやめられてしまう方も少なくありません。
しかし、患者様自身で判断してしまうと治療が途中であることがほとんどです。そして、1カ月ほど経過してしまい、保険が効かなくなった頃に、再度痛みを発症してしまうケースもあります。痛みがなくとも、普段の生活で物事や仕事に集中できなくなったりと、生活障害が表れたりもします。当院の患者様の中には、他の病院や接骨院(整骨院)でしっかり治療を受けられず打ち切りになり、何年も不調が続いたあとで、自律神経失調症、パニック障害、統合失調症を発症し、来院されている方もいらっしゃいます。また、交通事故のケガの特徴は、受傷直後にあまり症状が出ないことです。そのため、放置してしまい、後々つらい思いをするということもあります。

「症状がでない/なくなった」=「治った」ではありません。

身体には、痛みを感じる「疼痛閾値(とうつういきち)」というものがあります。これは簡単に言ってしまえば、あるラインを超えると痛みを感じ、ラインを下回ると痛みを感じないというようなものです。つまり、症状ばかりを追いかける(痛みの有無で判断してしまう)と体からのサインを見過ごすことになります。そして、結果的にさまざまな後遺症が発症してくることになるのです。

たとえ症状が出ていなくても
交通事故治療の専門家が視診、徒手検査すれば、今、体がどういった状態なのかが分かります。たいしたことがないと思われる症状でも、必ず専門家に診てもらってください。長年、放置している痛みほど、治りづらいものです。また、小さい症状が大きな後遺症として残ることも考えられます。自己判断は後遺症が残る危険性が非常に高いですので、専門家の先生の指示に従ってください。

交通事故から数日経ち、痛みが発症しました。治療できますか?

交通事故直後は痛みがなかったのに、15日、1カ月ほど経ってから痛みを感じ始めた方も、治療を受けて頂くことができます。
まずは、香川県高松市太田下町にある「いわき整骨院」にご相談ください。早ければ早いほど、治りも早くなります。

当院は、交通事故に関する多くの治療事例・保険対応等も存じあげており、その方に合った適切な保険適用治療を受けて頂くことができます。また、日数によって、交通事故治療を0円でお受け頂くこともできます。

どこからが後遺障害になりますか?

後遺障害認定とは、「症状固定」とも言います。
治療を受けても将来的回復が見込めないときに治療を打ち切り、1級〜14級(1級が重傷)で後遺障害等級認定がなされます。

重症の患者様の場合、交通事故治療を受けたとしても症状が残ってしまうことあります。そのときに後遺障害認定の申請を行うと、後遺障害の部分補償を受けることができます。また、申請が受理されなくても何度でも申請できますので、ご安心くださいませ。

ただ、認定は多少、複雑な手続きが必要です。
基本的に当院でも、交通事故治療に関する保険関係のお手続きは代行で行っておりますが、後遺障害の申請・手続きに関しましては、患者様ご自身で行わなくてはならないのです。また、後遺障害の受理がされない場合に、患者様ご自身が保険会社さんへご連絡をいれるケースもあるようですが、交通事故のプロに素人が交渉して勝つことは不可能です。

当院では、交通事故に関する多くの事例を取り扱っていますので、交通事故治療だけでなく、後遺障害の申請方法や手続きなども的確にお伝えすることができます。きっと、患者様の心強い味方になることができます。

お一人で悩まずに、まずは香川県高松市太田下町にある「いわき整骨院」へ、お気軽にご相談くださいませ。

当院へのアクセス

大きな地図で見る

いわき整骨院

住所〒761-5311
香川県高松市太田下町1962-11
TEL087-867-5311
E-mailjiritsusinkei.k.style@gmail.com
院長岩城 憲治
いわき整骨院

来院患者様の地域

高松市太田下町、太田上町、三条町、多肥上町、多肥下町、上天神町、出作町、仏生山町、伏石町、松縄町、木太町、一宮町、国分寺町、円座町、香川町、成合町、桜町、栗林町、三谷町

direction_board2.jpg

PAGE TOP