高松市で交通事故に遭われた時は・・・

高松市のいわき整骨院の岩城です。

 

交通事故に遭われるとパニックを起こして、どう対処したらいいのか分からなくなる方が多いとお聞きします。

事前に交通事故の対処法を知っておく事で慌てず対処をしてくださいね。

 

あなたはご家族と休日を楽しんでいるかもしれません。

お仕事中で急いでいるかもしれませんね。

 

そんな時、交通事故は突然起こります。

まず大切なのは、けがをされた方の救出です。

 

<交通事故直後の対処>

 

@先ずは加害者・被害者問わずケガの確認。

負傷者がいる場合はすみやかに救護して下さい。

2次災害を防ぐためにも、安全な場所に避難し、重症者がいる場合は救急車を呼びます。

 

A警察に連絡。

決してその場で示談にはせず、警察に連絡してください。

 

B相手方の氏名、住所、連絡先、任意保険会社名と担当者、連絡先を確認しメモ。

上記の項目は紙があればメモ、なければ携帯にメモをしておきましょう。

 

Cご自分の保険会社に連絡後当院に連絡。

ご自身の保険会社の事故サポートへ連絡してください。

連絡しないと交通事故の手続きが行われません。

その後、当院へご連絡ください。

当院は各交通事故専門家の方(弁護士、行政書士、社労士、車屋、保険代理店)と提携しており、

ワンストップサービスで交通事故全般のサポートを無料で行っております。

 

いわき整骨院の連絡先

087−867−5311

 

いつでも連絡できるよう携帯に番号を入れておいてください。

事故発生直後は4点だけですので、必ずして下さいね!

 

<注意事項!>

・事故現場で示談や念書は絶対しない。

・加害者が警察に連絡しないで欲しいと言われても必ず断る。

 

交通事故直後は気が動転しやすいですが、冷静に対処してください。

 

 

<交通事故届と事故の扱いについて >

 

D交通事故届を出す。

警察に事故届をするのは加害者の責務ですが、加害者が怠っている場合は、

被害者自身でしてください。

警察への届出を 怠ると、「交通事故証明書」が発行されません。

 

<事故の扱い方は2つです>

 

人身事故扱いと物件事故扱いの2つがあります。

たまに、ケガをしていても軽傷だという理由で物件事故扱いに

なっていることを見かけますが、施術費の請求、後遺障害等級の

認定などで不利に扱われることもありますので、

ケガの程度に関わらず人身事故扱いにしておくことが大事です。

 

 

 

<たとえ軽傷であっても必ず病院又は整骨院(接骨院)を受診しておく>

E相手の保険会社の担当の方に〇〇病院又は接骨院(整骨院)に行きますと電話で伝えます。

事故発生から期間が経過していると事故との因果関係を問われ、

自賠責保険が適応されなくなる可能性がありますので、必ず軽傷であっても受診しておきましょう。

むち打ちなどは時間の経過と共に徐々に症状が出てくるのが特徴です。

 

 

<交通事故の初回の検査、カルテ記入、治療が非常に重要になります!>

 

どこの病院(整形外科)も同じではなく、細かい検査とカルテ記入してくれる病院を選ぶ必要があります。

当院に転院してこられる患者様で多いのが、細かい検査とカルテ記入をしてもらっておらず

早期に治療を打ち切られるケースがあります。

これは保険会社が車の損傷具合とカルテをもとに判断している為です。

(病院や接骨院は毎月患者様の症状の経過を保険会社に提出しなければなりません。)

 

どこに通院すればいいのか分からない場合は、当院にご相談ください。

詳しい検査とカルテ記入してくれる病院をご紹介します。

 

病院に通院する目的は検査とカルテ記入にあります。

基本的に病院のドクターが症状固定をしない限り、治療を継続できます。

症状が残り、改善の見込みが少ない場合は後遺障害認定を受けられる可能性もります。

この後遺障害認定は病院のドクターでないと認められません。

もしもの事も想定して(リスク回避)病院との併用をお勧めします。

*後遺障害認定について後ほどご説明します。

 

病院では湿布、薬、電気治療のみで改善されない方もが多いようですので、

月2回(2週間に1回)程病院で経過を診てもらいながら、

普段の施術は整骨院でされる事をおすすめします。

(病院と整骨院の併用)

 

 

交通事故専門と謳っている接骨院(整骨院)にご注意!

 

最近、交通事故専門と看板やHPで謳っている接骨院(整骨院)も増えてきましたが

当院に相談に来られる方のお話を聞きますと

全く知識と治療技術が無い接骨院(整骨院)もあるようです。

 

交通事故に関するサポートが万全でないがために、

症状が残ったまま治療が打ち切りとなり、そのまま泣き寝入りし、

知識がないため慰謝料も保険会社が提示する金額にサインしてしまうケースが多々あります。

 

そうなった場合、患者様は体と心に多大なダメージを伴います。

そこに生まれる感情は、怒りや憎しみといったマイナス感情になりがちです。

 

整骨院(接骨院)に通われて、改善の見込みがない、

又は自分に合わないという方は転院することが出来ます。

転院する際は、必ず保険会社に連絡してください。

勝手に転院しますと、施術費や慰謝料が支払いされなくなります。


交通事故と労災に関するご相談は、お気軽に当院へご相談下さい。



 

 

 

当院へのアクセス

大きな地図で見る

いわき整骨院

住所〒761-5311
香川県高松市太田下町1962-11
TEL087-867-5311
E-mailjiritsusinkei.k.style@gmail.com
院長岩城 憲治
いわき整骨院

来院患者様の地域

高松市太田下町、太田上町、三条町、多肥上町、多肥下町、上天神町、出作町、仏生山町、伏石町、松縄町、木太町、一宮町、国分寺町、円座町、香川町、成合町、桜町、栗林町、三谷町

direction_board2.jpg

PAGE TOP